粘土で手づくりはんこ

印鑑イメージ

小さい頃は年度を使って、いろいろなものを作ったという覚えがある人もいるのではないでしょうか。
特に私が小学生の頃は、粘土を使った授業というものが多かったものです。
それによって、造形などに興味を持って、今の生活に役立っている部分もあります。

何か物を作るということは、非常に楽しいものです。
そしてそれが何かの役目をもつとなれば、気合を入れて作ろうという考えをもつことでしょう。
たとえ上手に作ることが出来なくても自分で作ったということが肝心なわけですから、出来たものに対して、強い愛着がわいてくるはずです。

粘土を使えば、印鑑だって作ることが出来ますよね。
乾いたら固まるようなものを使えばずうっと長い間、マイハンコとして楽しむことも出来ます。

自分専用であって、自分で作ったわけですからまさに究極のオリジナル印鑑といえるでしょう。
子供だけならず、大人までも思わずはまってしまって、おもわず熱心に作ってしまうかも知れませんね。

【急ぎで銀行印がほしい方はこちらへ】

銀行印は実印や認め印とは区別して、金融関係専用の印鑑を用意してご使用しましょう。

粘土自体はとても安く、手に入れるのも簡単です。子供でも年配の方でも楽しみながら扱うことが出来ます。
ちぎりながら作っていけば、刃物を使う心配もありませんから、とても安全ですしね。

乾いたら色をつけて楽しむことも出来ますから、出来上がった印鑑に、絵の具を使って装飾をつけたりすれば、さらにオリジナル度がアップすることでしょう。

アイデア次第ではとても楽しい印鑑やハンコが出来るはずです。ぜひ一度、粘土による印鑑作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ